トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 卒論、2章の書き方は?

卒論、2章の書き方は?

第二章で卒論が終わってしまう?

卒論、2章で終わってしまう人へ

卒論、せっかく書き始めたは良いが、2章で終わってしまう、そんな人、いませんか?
はっきり言いますが、書き直すべきです。2章で終わるというのはそもそも「組み立て」ができていません。
物事には起承転結があります。論文では「転」は必要ないかもしれませんが、少なくとも「起」「承」「結」にはなるはずです。
それぞれ第一章、第二章、第三章と当てはめていけば、おのずと3章以上になるものです。2章と言うのは明らかにどこかがおかしいので、もう一度頭をひねって書き直しましょう。

卒論、2章では何を書くの?

では、卒論の第二章には何を書くべきでしょうか。
卒論は人それぞれなので、これと言った方針があるわけではありませんが、第一章に「はじめに」を書いた場合は、具体的な論述が第二章から始まります。
フィールドワークをする場合はフィールドワークの方法や結果など、資料の分析であれば資料の内容や分析の情報などを具体的に論述していくのが第二章です。

圧倒的!ダウンロードできる論文あります。

ところで、当サイトは論文を配布しているサービスサイトです。参考にする人が圧倒的に多いサイトです。
論文は、一覧から好きなものを選ぶことができ、参考にするもよし、そのまま印刷、加工編集するもよしです。
論文は当サイトが独自に作成したものなので、安心して使うことができます。
2章に何を書くか迷っている人も、論文が今すぐ欲しいという人にも、どちらにもおすすめのサイトです。ご利用ください。
論文・レポートの一覧を見てみる!