トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 卒論って3章くらい書くの?

卒論って3章くらい書くの?

卒論、3章構成で書くのが常識?

卒論って3章くらい書くの?

結論から言うと、卒論は3章では少なすぎです。中には、参考文献一覧を章に入れる人もいますが、もってのほかです。
何事にも「起承転結」があります。この時点でもう4章です。また、今後の動向や分析結果なども入れていくと、5章、6章・・・となっていくはずです。
3章で終わるというのはどう考えても少なすぎです。もう既に3章で書き終わっている、という人は書き直した方が良いでしょう。
これから卒論を書く、という人は、3章で終わらないように、しっかりと卒論の構成を考えてから執筆するようにしましょう。

3章以上の論文、あります。ダウンロードできます。

ところで、当サイトには論文があります。当サイトは、論文を配布しているサービスサイトです。
もちろん、3章以上の構成のある論文もダウンロードできます。ダウンロード後は、自由に使うことができます。
当サイトの論文は、当サイトが独自に作成したものです。もちろん、加工や編集、そのまま印刷など、自由に使えます。
論文は好きなものを選んでダウンロードできるので、お気軽にダウンロードしてみてくださいね。
論文・レポートの一覧を見てみる!