トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 卒論が0字!?卒論が無いときの対処法

卒論が0字!?卒論が無いときの対処法

卒論、まだ0字・・・一体どうしたらいいの?

卒論が0字!全然進まない・・・

卒論、大変ですよね。中には10月、11月の段階でいまだに0字・・・そんな人も少数ながらいるようです。
そもそも、卒論は3年生くらいからきちんと計画を立てて作るもの。4年生になって焦りだしても遅すぎます。
卒論にはフィールドワークやインタビュー、資料の収集や分析など膨大な時間がかかるのです。
では、卒論がいまだに0字だ、という人はどうしたらいいのでしょうか。詳しくみていきましょう。

卒論0字、対処法・打開策は?

まず、卒論という「アウトプット」のためには、当然、「インプット」が必要です。まずは資料の読み込みです。
卒論の時期になると学生は図書館にこもり、資料を読み漁ったりしますよね。当然、良いアウトプットには良いインプットが必要なのです。
関連するジャンルの本や論文を読むことが何よりも卒論制作の近道です。これにはとても時間がかかりますので、注意が必要です。
執筆の際は教授からの指導を受けたり、書き直ししたり、ということがあります。つまり、卒論は書いて終わりだけでなく、修正などの時間もとっておく必要があります。

論文をダウンロードする方法、あります。

ところで、当サイトは論文を配布しているサービスサイトです。論文をダウンロードできます。
もちろん、当サイトで配布している論文は既に完成していて、修正なども済んでいます。
論文は当サイトが独自に作成したものなので、安心・安全に使うことができます。
ダウンロード後はそのまま印刷したり、編集や加工なども完全に自由にできます。ぜひ、ダウンロードしてみてください。
論文・レポートの一覧を見てみる!