トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 卒論が12月提出でやばい?そんな人へ。

卒論が12月提出でやばい?そんな人へ。

卒論やってなくて12月!ヤバイ!そういう時の対処法。

卒論が12月提出でやばい?そんな人へ。

卒論が12月提出、という大学は多いようです。「でも、卒論やってない、やばい・・・」という人も少なからずいるようです。
卒論が12月提出というのは、油断しているとすぐ忘れてしまいそうですよね。
12月提出となると、12月の時点で何もしていないという人はあまりいないと思いますが、でも、そうなってしまった場合はどうしたらいいのでしょうか?
そんな、卒論のやばい状況を解消する方法について、今回はみていきましょう。

12月にやるべきこと。最低限これだけ!

そもそも、卒論は時間がかかります。中には、三年生の頃からキッチリ準備を始めているという人も多いはずです。
卒論にはフィールドワークやインタビューをして計算する人も多いようです。しかし、12月から始める人にはそれができません。
また、書籍や過去の卒論を参考にする、という方法もありますが、これも12月からでは遅すぎます。
やはり、12月から卒論を始めるというのはかなりスケジュール的に厳しいと言わざるを得ません。卒論には余裕を持って取り組みましょう。

完成した論文をダウンロードする方法!

12月提出で時間が無い!時間短縮のための手段が必要だ!そういう人に、ピッタリのサイトがあります。
それが、当サイトです。当サイトは論文を配布するサービスサイトです。論文をダウンロードできるんです。
論文は当サイトが独自に作成したものですから、安心・安全に使うことができます。
ダウンロード後は、自由に使えます。加工や編集などもすべて自由です。ぜひ、ダウンロードしてみてください。
論文・レポートの一覧を見てみる!