トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 卒論って100時間あれば終わるの?

卒論って100時間あれば終わるの?

卒論、100時間あれば余裕?

卒論って100時間あれば終わりそう?

一日は24時間ですから、100時間は大体4日間です。4日間、つまり100時間もあれば卒論は終わるでしょうか?
「難しい」、というのがその結論です。確かに、執筆作業は4日間でなんとか終わるかもしれません。
しかし、卒論はただ書くだけ、ではありません。アンケート調査やヒアリングなどもあります。
また、先行研究を読み込み、分析をするという膨大な作業もあります。この点は見逃されやすいので、強調しておきます。

卒論は100時間あっても終わらない・・・

そもそも卒論は一年をかけて作成するものです。一晩気合を入れて頑張りました、では終わりません。
100時間あっても、教授からの回答や修正作業などがそのうちに終わることもありえません。
ですから、卒論の作成には時間の余裕を持っておくことがなによりも大切なのです。
しかし、論文の作成をあっという間に終わらせる方法はあります。

あっという間に論文をダウンロード!

当サイトは論文を配布しているサービスサイトです。100時間もかからずに、論文を手に入れることができます。
論文をダウンロードした後は、自由に使えます。一部を加工したり、全部をそのまま利用することも可能です。
ぜひ、お気軽にダウンロードしてみてくださいね。
なお、配布している論文は当サイトが独自に作成したものです。安心安全に使うことができます。
論文・レポートの一覧を見てみる!