トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 卒論、6時間程度で終わらせよう!

卒論、6時間程度で終わらせよう!

6時間もあれば卒論は終わるって本当?

卒論、6時間程度で終わらせたい・・・

卒論、大変ですよね。大学にもよりますが、1万字~3万字という文字数が一般的です。
そんな中、提出間際になって焦りだす学生、少なくないようです。終わらないと卒業できませんから、当然ですよね。
一体、卒論にはどれくらいの時間がかかるのでしょう?一夜漬けで終わらせるなんてことはできるのでしょうか。
ましてや6時間程度で終わらせたい!と息巻く学生も居ますが、どうなんでしょうか。

卒論、6時間程度で終わらせる方法

卒論はどのようなスケジュール感で進めるべきなのでしょうか?
第一に、卒論は書くだけ、ではありません。調査作業があります。
アンケートや聞き取り、ヒアリング、フィールドワークなどの調査作業に膨大な時間がかかります。
第二に、こちらが一番時間がかかるのですが、先行研究の読み込みと分析があります。

論文を一瞬で手に入れる方法。6時間もかかりません!

6時間もかからずに論文を手に入れてしまう方法があります。それが、当サイトを利用する方法です。
当サイトは論文を配布しているサイトです。論文は好きなものを一覧から選び、ダウンロードできます。
なお、当然当サイトで配布している論文は当サイトが独自に作成したものなので、安心・安全に使うことができます。
一部を切ったり貼ったり、全部をそのまま印刷して、そのまま使うなんてことも可能です。
論文・レポートの一覧を見てみる!