トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 卒論の構想発表、乗り切れるか!?

卒論の構想発表、乗り切れるか!?

卒論の構想発表やプレゼン、パワポを乗り切る方法

卒論の構想発表、乗り切れるか!?

最近の卒論の構想発表ですが、パワーポイントなどのプレゼンソフトを使って発表するところもあるようです。
どのような問題意識があるのか?どのように調査を進めていくのか?どのような結論になりそうか?
こうしたことを発表します。発表方法は大学によって違いますが、パワポを使ったり、ワードで作った資料を配布したりといった方法になるようです。
構想発表、乗り切るコツをお教えします。

卒論の構想発表、乗り切るコツ!

こう言ってしまっては元も子も無いのですが、既に完成した論文があるのが一番いいのです。
問題提起や結論部分の推察や調査方法などは、完成した論文があればあとは発表するだけですからね。
しかし、現実には卒論はこれから作るわけですから、そうはいきません。裏技ですが、その場合、大学の論文データベースから先行研究はどのようにやっていたのかを調べるという方法があります。
つまり、先人から学ぶのです。大学の先輩の中で、自分と同じテーマや似たようなテーマだった人はどうやって調査していたのか?これを確認しておけばいいのです。

当サイトにも完成した論文あります。

当サイトにも、完成した論文があります。論文は、当サイトが独自に作成したものです。
当サイトの論文は、自由に使うことができます。一部加工して使う、なんてことも可能です。
完成した卒論があれば、構想発表も安心して乗り切れるでしょう。いわゆる、保険というやつですね。
参考にしても良いですし、加工して使うといったこともできます。ぜひ、一覧からダウンロードして、使ってみてくださいね。
論文・レポートの一覧を見てみる!