トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 卒論は何字書くもの?文字数や枚数は?

卒論は何字書くもの?文字数や枚数は?

卒論の字数、枚数について。

卒論の文字数・・・どれくらい書けばいいの?

卒論の文字数は大学によって異なります。概ね、2万字~3万字といったところが多く、多い人では5万字程度書く人も居ます。
2万字と言えば一般的な書籍一冊分ですから、どれくらいの文字数かは想像ができると思います。
A4の枚数で指定されている大学では、少なくてA4で20枚、平均では35枚以上といったところでしょうか。中には50枚以上書く人ももちろんいます。
字数や枚数に参考文献の文字や目次、序章などは含まないことが多く、この字数制限が大きな壁です。

文字数だけじゃない!ノルマは他にも

文字数だけがノルマではありません。文字数が多くても、論文としての体裁が整っていなければ意味がありません。
論理的に飛躍していたり、誤字脱字があったり、書式が整っていなかったり、データの分析に誤りがあったり・・・
また参考資料の数もノルマとして与えられています。卒論を執筆するのにこれだけの本を読みなさいというノルマもあったりします。
一般的に卒論の参考文献の数は30冊~70冊と言われており、5冊や10冊程度では少なすぎだと言えます。
このように、卒論は文字数さえ達せばいいというものではありません。

2万字、3万字の論文を一瞬でダウンロードできる

当サイトには論文があります。論文を配布しているサイトです。
論文は自由に使えます。当サイトが独自に作成したものです。
どのように使っていただいても構いません。ぜひ、ダウンロードしてみてください。
文字数なども選べますので、好きなものダウンロードして使ってみてくださいね。
論文・レポートの一覧を見てみる!