トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 卒論のスケジュールを教えます

卒論のスケジュールを教えます

卒論の年間スケジュールとは?

卒論のスケジュールを教えます

卒論のスケジュール、わかりますか?なかなか見通しがつかないなと思う人は、このコラムを読んでみてください。
まず、大学3年生のうちから構想を準備しておきましょう。就活もあるので、4年生の後期だけでは終わる可能性が低いためです。
次に、就活と同時並行でデータや資料の収集などをします。大学4年生の前期では執筆作業をしないかもしれませんが、早いにこしたことはありません。事実、そうしている学生は多いものです。
後期では本格的な卒論シーズンとなります。が、ここで動き出していてはかなり遅いと言えます。しっかりとした事前の準備は3年生のうちからしておくべきでしょう。

半年で終わるか?

そもそも、卒論を半年で終えることはスケジュール的に可能でしょうか。就職活動が長引く可能性もあります。
また卒論は書くだけではありません。資料収集をしたり、分析したりと言った作業が大変で、執筆はそのあとです。
更に大学教授から修正やアドバイスをもらい、修正を繰り返すと言った作業も必要です。誤字脱字や論理的な間違いがないか、結論部分のチェックも自分でしなくてはなりません。
こう考えると半年で終わらせるのはなかなか難しいと言えます。注意しましょう。

論文の作成、時短方法は?

では、卒論のために時間が無い人はどうしたらいいのでしょうか。簡単な方法として、当サイトの論文を参考にするという方法があります。
参考にするのはもちろん、当サイトの論文は自由に使うことができます。論文は、当サイトが独自に作成したものです。
一部を加工して使う、なんてことももちろん可能です。。
一覧から好きな分野の論文を選んでダウンロードしてみてください。
論文・レポートの一覧を見てみる!