トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 卒論の構成、どうしてる?

卒論の構成、どうしてる?

卒論の構成の作り方。

卒論の構成、どうしよう?

卒論をいざ執筆!でも、どんな構成にしよう。流れがつかめません。
それもそのはず。今まで書いてきたレポートは所詮1000字程度。2万字以上の卒業論文なんてなかなか書いたことはないはずです。
であれば、当惑するのも無理もありません。卒論の執筆は難しいのです。
構成をどうしたらいいのか、まずそこで躓く人も多いのではないでしょうか。

卒論の構成について。

大きく言って、卒論の構成は次の通りです。
問題提起→仮説→検証→分析→考察→結論→参考文献
しかし、問題提起がそもそもなかったり(既に与えられた問題を解決したり)、アンケートなどは分析せずに文献調査だけ、という場合もあり、構成は論文によって千差万別です。
また、起承転結を意識することも大切です。これがないと、メリハリのない論文になってしまいます。

参考にしたい論文

当サイトには論文があります。論文は、当サイトが作成した独自の論文です。
構成などが参考になると思いますので、ぜひダウンロードしてみてください。
ダウンロード後は自由に使うことができるので、参考にするのも良いですし、一部を加工して使うと言ったことも可能です。
ぜひ、お気軽にダウンロードして見て下さい。
論文・レポートの一覧を見てみる!