トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 卒論の参考文献の書き方

卒論でネットの引用、しちゃってる?

卒論の文献、参考資料一覧の書き方、書く方法。

卒論の参考文献って難しそう・・・

卒論をどんどん書き進めていって、大きな壁になるもの。それが参考文献です。
いざ卒論のために資料を収集して、調査を進めていく・・・しかし、参考文献一覧って書かなくちゃいけないんじゃ?
そう、参考文献一覧です。これは非常にやっかいなもので、面倒でもあり、難しいものです。
引用元、引用内容などをきちんと提示する必要があります。

卒論の参考文献の書き方

そもそも大学によってルールは異なります。1章書いたらそのすぐ後に参考文献を書くのか、巻末に参考文献をリストとして載せるのか。
大体の場合は巻末であることが多いようです。また、どこで引用したのか、ネットならURLや最終アクセス日時などを記載する必要があります。
参考文献一覧は一つの章として独立することが多く、また、どのように引用したのかを明確にしなければならないこともあります。
卒論の執筆と同じくらいか、それ以上の細心の注意を払って書く項目、それが参考文献一覧と言えるでしょう。

論文あります。自由に使えます。

当サイトは論文を配布するサービスサイトです。
論文は当サイトが独自に作成したものなので、自由に使えます。
参考程度に使うのも良し、一部を加工して使ったりするのも良しで、自由に使えるのです。
論文は一覧から選んでダウンロードすることができます。
論文・レポートの一覧を見てみる!