トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 広告をテーマにした卒論を書く人へ

広告をテーマにした卒論を書く人へ

卒論で広告を題材に書く場合は。

広告をテーマにした卒論の書き方

広告についての卒論を書く人は多いようです。広告をテーマに卒論を書きたい!そんな風に思う人は周りにもいるのではないでしょうか。
広告がテーマになったのですから、当然、広告についての調査が必要です。マーケティング会社や広告会社などにアポをとって訪問をするということも考えられます。
また、インターネット広告や周りにある物理広告などについても研究、調査し、分析していくのが広告がテーマの卒論です。
すると、意外に広告をテーマにした卒論を書くのは難しいということが分かります。

広告をテーマにした卒論のキモ

まず、作業量が膨大です。広告の種類は多いですし、分析作業に膨大な時間がかかります。
この部分は先輩の意見はあまりあてになりません。最近ではネット広告が多い割合を占めているので、作業量が昔とは比較にならないからです。
広告の卒論はここで投げ出してしまうという人が意外に多く、それなら別のテーマだということで経済系、商業系の論文に移る人も多いようです。
広告に関する学科だからといって広告にこだわる必要はありません。広告について本当に調査、分析をしていきたいのか、いま一度真剣に考えてみましょう。

論文あります。自由に使えます。

当サイトは論文を配布するサービスサイトです。
論文は当サイトが独自に作成したものなので、自由に使えます。
参考程度に使うのも良し、一部を加工して使ったりするのも良しで、自由に使えるのです。
論文は一覧から選んでダウンロードすることができます。
論文・レポートの一覧を見てみる!