トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 卒論の企業問い合わせってしてる?

卒論の企業問い合わせってしてる?

卒業論文を書くにあたって、企業への問い合わせやアポは?メールと電話、どっち?

卒論の企業問い合わせやアポイントメント

卒論を書くにあたって、特に文系だと、企業への問い合わせやヒアリングなどを行うこともあると思います。電話をかけたり、メールを送る、と言ったことが考えられます。
実は、これが厄介なやつで、企業への問い合わせなどはかなり時間を食うものだと考えた方が良いでしょう。
基本的に、企業は忙しいものです。メールでの返信や相談などは時間がかかります。
教授のコネがあればいいのですが、そうでない場合は慎重に行う必要があります。

卒論の企業問い合わせの方法

企業への問い合わせの方法は、基本的には教授を介する方が良いでしょう。それも、メールよりは電話の方が良いです。
教授を介しない場合は、失礼が無いように、文面について教授に指示を受けます。
また、ヒアリングやインタビューが終わった後はお礼の連絡を欠かさないようにしましょう。こちらもメールよりは電話の方が謝意が伝わります。
企業の方もボランティアで受け付けるので、必ずしもいい返事が期待できるわけではありません。メールの場合はすぐに返信が来るとは限りませんので、時間には余裕を持って送信します。

問い合わせなど、面倒なことが嫌いなアナタへ。

企業問い合わせは、ぶっちゃけ面倒ですよね。誰でもあまりやりたくないものです。
そこで、当サイトの登場です。当サイトは論文を配布しているサービスサイトです。
論文は、一覧から好きなものを選べます。また、ダウンロードした後は加工や印刷など、自由に使えます。
ぜひ、ダウンロードしてみてください。面倒臭がりなアナタにぴったりのサイトです。
論文・レポートの一覧を見てみる!