トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 卒論の序論の書き方、例

卒論の序論の書き方、例

卒業論文の序盤や出だしについて。

卒論の序論ってどう書けばいいの~!?

卒論の序論、難しいですよね。「はじめに」とは違うのでしょうか。
実は、「はじめに」は研究に至った動機などを書く場所です。「序論」は、まさに論じる部分です。
ですから、序論には何を書いたらいいのかさっぱりわからない、という人が多いようです。
もちろん「序論」で「はじめに」のような内容を書いてもOKですが、果たしてどう書けばいいのでしょうか。

卒論の序論の書き方、例

まず、序論は「準備」にあたります。理系のレポートであれば、実験の準備方法などを書きます。
文系の卒論の場合は社会問題について論じていけばいいと思います。
テーマが経済であれば、昨今の経済状況についてグラフを交えて説明する、と言った感じです。
序論は卒論の冒頭ともなる重要な部分です。ここを失敗するとあとの卒論もダメになってしまうので、慎重に書きましょう。

論文あります。自由に使えます。

当サイトは論文を配布するサービスサイトです。
論文は当サイトが独自に作成したものなので、自由に使えます。
参考程度に使うのも良し、一部を加工して使ったりするのも良しで、自由に使えるのです。
論文は一覧から選んでダウンロードすることができます。
論文・レポートの一覧を見てみる!