トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 卒論の冒頭の例

卒論の冒頭の例

卒業論文の冒頭、出だしの例

卒論の冒頭はどうしよう・・・

卒論の冒頭、悩みますよね。一体何を書けばいいのでしょうか。
そもそも卒論は1万字、2万字、3万字などと言われています。今まで書いてきた大学のレポートは高々1000字程度です。
それをいきなり30倍の量を書け、などといわれても途方に暮れてしまいます。
それでは、卒論の冒頭、一体どうしたらいいのでしょうか。

卒論の冒頭の例

まず、卒論の冒頭は、「はじめに」を書く場所です。「はじめに」とは、研究の動機などを書きます。
どうしてこのテーマを書こうと思ったのか、どうしたら解決なのか。これを書く場所です。
また、その社会問題の背景について、グラフを交えて説明することができればより良いでしょう。
卒論の冒頭は卒論の顔となる重要な部分です。失敗しないように、きちんと書きましょう。

当サイトの論文を卒論の冒頭の参考にしてください。

ところで、当サイトは論文を配布しているサービスサイトです。論文は自由にダウンロードできます。
卒論の冒頭で悩んでいるなら、まずは完成している論文を読んでみるのが一番いいのです。
ぜひ、当サイトの論文をダウンロードしてみて、参考にしてみてください。
なお、論文は当サイトが独自に作ったものであり、ダウンロード後は印刷や加工など、自由に使うことができます。
論文・レポートの一覧を見てみる!