トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 卒論をうつ病をテーマに書く?卒論でうつになる?

卒論をうつ病をテーマに書く?卒論でうつになる?

卒業論文で鬱になる?

卒論をうつ病をテーマに書く?

日本社会でうつ病は深刻な問題になりつつあります。
最近では「新型うつ」というものもあります。飲み会などの楽しいことはOKだけれど、仕事となると鬱になる、というものです。
これに対して「根性が足りない」などという根性論で反論する人もいます。
うつ病はつらいものです。絶対になりたくないですよね。深刻な社会問題なので卒論のテーマにするのもいいのですが、中には卒論で鬱になってしまうというケースも。

卒論でうつになる?

教授から突き返されたり、厳しい指摘を受けたり、ゼミ生からもなじられたり・・・
そうです、卒論は意外と大変なものです。ただ書けばよかったいままでの「レポート」とは大違いです。
分析する資料も膨大な量を読み込まなければなりませんし、そもそも1万字~3万字など、執筆の量も膨大です。
このような作業をこなすことを考えれば、うつになっても仕方のないと言えます。

卒論でうつになってしまう原因。

そもそも、卒論なんて意味はありません。大学生活最後の作業です。
こんな無駄みたいな作業を1万字~3万字も強制するなんていうのは本当に無意味ですよね。
そんな思いが積もり、卒論でうつになってしまう学生が増えているようです。これは精神的にも苦痛です。
膨大な作業を前に、やる気が出ず、現実逃避したい、でもやらないと卒業できない。こんな焦る思いが卒論でうつになる原因のようです。

卒論でうつになる前に・・・

卒論でうつになる前に、当サイトをご利用ください。
当サイトは論文を配布しているサービスサイトです。論文は、当サイトが独自に作成したものです。
もちろん、論文はダウンロードでき、ダウンロード後は印刷や編集など、自由に使えます。
お好きな論文をダウンロードしてみてくださいね。
論文・レポートの一覧を見てみる!