トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 卒論で落ちる?そうなった場合は?

卒論で落ちる?そうなった場合は?

卒業論文、落ちた!どうなるの?

卒論で落ちそうで怖い。

大学の先輩方から話を聞いているかもしれません。卒論が意外に大変だとよく聞きませんか。
または、もう既に卒論を書き進めていて、思った以上に大変で膨大な作業だと気づいている人も多いでしょう。
そもそも、卒論って書いたら終わりなの?いえ、そんなことはありません。審査があります。
これが今まで書いてきた大学のレポートとは大きく違うところです。では、審査に落ちたらどうなるのでしょうか。

卒論で落ちる?そうなった場合は?

まず、卒論で落ちることはあります。卒論のクオリティが低かったり、不備があったり。
こうした場合は留年になります。また、最近の大学は卒論の品質のチェックを厳しく行っています。
うちは底辺大学だから大丈夫・・・なんてことはありません。大学側も論文の審査はどこもしっかりと行っています。
きちんとした、クオリティーの高い論文を書かなければ、大学は卒業できないかもしれないことを覚えておきましょう。

クオリティーの高い論文あります。

当サイトには論文があります。クオリティも高すぎません。誤字などもチェックしています。
論文は当サイトが独自に作成したものです。当サイトは論文を配布するサービスサイトです。
ダウンロード後は、印刷や加工など、自由に使うことができます。
卒論で落ちるのが心配な人は、まずは論文を完成させることが肝要ですので、当サイトをぜひともご利用ください。
論文・レポートの一覧を見てみる!