トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 卒論、留年してしまう場合ってどんなとき?

卒論、留年してしまう場合ってどんなとき?

卒論が不合格で留年してしまう場合って?

卒論、留年してしまうという悲劇。

卒論、出来が悪かったり、提出が間に合わないと、留年してしまいますよね。
大学の授業のレポートはちょっとくらい遅くても認めてもらえましたが、卒論はそうはいきません。
卒論は卒業の要件という大学も多いでしょう。これを曖昧な形にすることはできないからです。
クオリティーが高く、そして期限以内にきっちりと書くこと。当たり前ですが、これができない人は卒業できません。

卒論、留年してしまう場合ってどんなとき?

期限内に提出をしなかった、卒論のクオリティーが低かった、誤字脱字ばかりだった・・・いろいろな理由が考えられます。
一番多いのが、コピペがバレるということです。過去の論文をそのまま貼り付けて提出してしまうという学生が多いのです。
大学はその道のプロですから、すぐにわかります。コピペ探知ソフトを使う大学もあるようです。
そもそもコピペは犯罪ですから、大学側もこれを許すわけにはいきません。そして、卒論が不合格⇒留年という形になるようです。

論文をすぐにダウンロードしてみよう!

ところで、当サイトは論文を配布しているサービスサイトです。論文はダウンロードして、自由に使うことができます。
卒論で留年してしまうかもしれないという不安を抱えている人におすすめのサイトです。
もちろん、当サイトで配布している論文は当サイトが独自に作成しているものなので、安心・安全に使うことができます。
ダウンロード後は、印刷や加工して編集など、自由にすることができます。どうぞ、お気軽にダウンロードしてみてください。
論文・レポートの一覧を見てみる!