トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 卒論、落第になったらどうなっちゃうの?

卒論、落第になったらどうなっちゃうの?

卒論で落第することもあるって本当?

卒論、落第になりそうで不安。

卒論、不安の人も多いようです。もし、自分の卒論が通らなくて落第してしまったら・・・と思うと、少し寒気がしますよね。
実際、卒論が落第になるケースは少なくありません。卒論は「単位」の一つですから、合格・不合格があるのは当然です。
また、落第になるケースの中でも、教授を通ったとしても大学側が受理せず、落第になるというケースもあります。
それは一体どういうことなのでしょうか。卒論が落第になるケースについて、詳しくみていきましょう。

卒論、落第になるケース

卒論が落第になるケースとしては、まず、提出できなかったというケースがあります。提出期限に間に合わなかったということですね。
これは当然大学側も認めるわけにはいきません。しかし、卒論が落第になるケースは他にもあります。
それが、コピペなどのケースです。いわゆる「パクリ」で、卒論がパクリだと判明して大学が通らなかったというケースも多いようです。
大学側もその道のプロですから、コピペやパクリを見抜くことができます。その上、近年に入って大学側のチェックはより厳しくなっています。

論文をあっという間に手に入れる方法!

卒論が落第になりそうで不安だという人におすすめなのが、当サイトです。当サイトは論文をダウンロードできるサービスサイトです。
論文は一覧から好きなものを選んであっという間にダウンロードできます。
もちろん、配布している論文は当サイトが独自に作成したものです。安心・安全に使うことができます。
論文をダウンロードしたい人に良く使われているサイトです。ぜひ、お気軽にダウンロードしてみてください。
論文・レポートの一覧を見てみる!