トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 卒論の類似性、類似研究について。

卒論の類似性、類似研究について。

卒論の類似研究、類似性ってどう判断したら?

卒論の類似性、類似研究について。

卒論を書く前に、注意したいのが、先輩が似たような研究を既に類似研究として行っていないかどうか?という点です。
卒論を書いて、あとから類似性の高い研究が既にあった!なんていうことがないようにしましょう。
あまりにも類似性が高い類似研究がある場合、それはそもそも研究する必要がありません。
結果、卒論が不合格になり、留年と言うことにもなります。また、類似性が高すぎるとコピペを疑われます。

類似性を指摘されないためには?

卒論の類似性を指摘されないためには、やはり卒論の独創性、オリジナリティーを出すことが求められます。
そのためには、関連研究の調査が必要です。関連資料の収集、読み込み、分析、比較検討など、これには膨大な時間がかかります。
しかし、類似研究、先行研究が既に存在し、既に書こうと思っていた卒論と同じ結論になっていた、などということがあとからわかっては意味がありません。
その場合は書き直しになりますし、書き直しに時間が足りなければ卒業できないでしょう。

独創性のある論文をダウンロードする方法

独創性のある論文をダウンロードしたい場合、当サイトを利用するというのも一つの方法です。
当サイトは当サイトが独自に作成した論文を配布しているサービスサイトです。安心・安全に使うことができます。
卒論の類似性について、いろいろお悩みの方にまさにピッタリのサイトと言えます。
論文をダウンロード後は、自由に使えます。そのまま印刷したり加工など、自由に使うことができます。
論文・レポートの一覧を見てみる!