トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 卒論ってCiNiiを使う?

卒論ってCiNiiを使う?

CiNii(サイニー)は卒論制作の手段として有益か?

卒論ってCiNiiを使う?

卒論、先行研究の検索方法としてはみんなが使っている手段だと思います。
CiNiiはサイニーと読み、日本語のみならず英語の論文等も検索できるオンラインデータベースです。
しかし、2017年に一時期サービス停止になることが決定され、その後撤回されました。かなり不安定なオンラインサービスと言えます。
また、学生が作った論文が多いですから、中には信頼できない論文も多数あると言われています。

CiNiiの危険性

先行研究があるかないか程度を検索するのは良いのですが、CiNiiには弱点があります。誰もが閲覧し、偽装データもあるかもしれないということです。
論文の参考に、とCiNiiを自分の研究テーマと類似の論文を読んでみると、いざ自分が書いた論文がCiNiiの論文に似てしまう、という危険性があります。
当然、大学の教授陣は、学生が読むような論文はチェック済みです。CiNiiの論文を丸写ししているのだろうということは目を光らせています。
卒論は、あくまでもオリジナル。自分自身の研究テーマを、正確な情報を得て、クオリティーの高い論文を作らなければなりません。

論文、即ダウンロードできます。

当サイトも論文をダウンロードできるという点ではCiNiiと似ているかもしれません。論文を即時ダウンロードできるサービスサイトです。
論文は当サイトが作ったもので、品質も高いと言えます。しかも、論文はダウンロードしたら自由に使うことができます。
ダウンロードした論文は自由に加工、編集することができます。そのまま印刷することももちろん可能です。
一覧から好きな論文を選んで、ダウンロードしてみてください。論文一覧を見るだけでも新しい発見があるかもしれませんよ。
論文・レポートの一覧を見てみる!