トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 卒論、執筆方法おしえちゃいます。

卒論、執筆方法おしえちゃいます。

卒業論文の執筆のしかた。

卒論、執筆方法がわからない・・・

卒論って、なかなか書くの難しいですよね。執筆しろと言われても、なかなか書けません。
なぜ、卒論はこんなにも難しいのでしょうか。量があるからでしょうか。
もちろん、今までのレポートと違って量が多いというのも、理由の一つです。
しかし最大の課題は、何といっても一から作らなければならないという点でしょう。
レポートは、与えられた課題をやるだけで良かったのに、卒論は、その課題設定から自分で行わなければなりません。ここが難しいポイントです。

卒論、執筆方法おしえちゃいます。

それでは、どうしたらいいのでしょうか。どこから執筆を始めればいいのでしょうか。
答えは、「執筆しない」ことです。えぇ、どういうこと?と思うでしょう。
まず、卒論を書くために卒論を読むこと。大学の図書館などに行けば、先輩が執筆した過去論文がたくさんあります。
こうしたものを借りるなり、ダウンロードするなりして自分なりに読み込み、論文執筆のヒントを得るのです。
執筆と言っても、調査して出たデータをもとに執筆するので、そこまできちんと筋道を作れば書けていけるはずです。

それでも執筆できない場合は・・・

それでも執筆できない場合もあると思います。論文執筆は難しいのですから、当然です。
そういう時は、外部の力を借りましょう。例えば当サイトは論文を配布しているサービスサイトです。
論文を一覧から選び、ダウンロードすることができます。すでに完成している論文なので、自由に使えます。
当サイトは論文が執筆できない学生の味方です。ぜひお気軽に、当サイトの論文をダウンロードしてみてくださいね。
論文・卒論の一覧を見てみる!