トップページ > 自由研究のお役立ち情報一覧 > 自由研究の動機と目的の違いって?

自由研究の動機と目的の違いって?

目的と動機の違い、わかりますか?

「動機」とは

動機とは、始めるに至った「きっかけ」「理由」です。
例えば、自由研究の実験キットや便利グッズの包装(パッケージ)が面白そうだったからとか、実験の結果キレイなものが仕上がりそうだから、とか。
あるいは、その実験や観察を、自由研究のワークショップやイベントに参加して、やってみたいと思ったから、とか。
要するに、動機はそのレポートを書く上でのメンタル的・心理的な側面です。これは、素直に書いたほうがいいでしょう。

「目的」とは

目的とは、「動機」でやりたいと思った実験や観察、調べ学習について、その動機を満たすための「ゴール」です。
便利グッズのパッケージが面白そうだったのが理由なら、そのグッズの面白そうな姿こそゴールであり、「目的」になります。
例えば、観察キットなら、「水中の生き物を倍に成長させる」「成長する過程でどんな変化があったかを観察する」が「目的」です。
要するに、理由はレポートを書く上での客観的なゴール、客観的事象です。心理面とは別の話なのです。

動機と目的の違い

つまり、動機がメンタル面なのに対し、目的は客観的事実です。
動機はある程度、「~したい」「~のだろう」という欲求が含まれます。目的は、「~となること」「~とする」という、将来の予測です。
これを区別して書かないと、この実験や調べ学習は一体何が言いたいのか?がわからなくなってしまいます。
また、どんな短いレポートであっても、動機と目的はそれぞれ書いた方が良いでしょう。

レポートがダウンロードできます

本ホームページでは、レポートがダウンロードできます。
自由に使える論文なので、一部改良・加工などももちろん大丈夫です。
調べ学習系の学習教材として最適です。ぜひ、一覧からダウンロードしてみてください。
論文・レポートの一覧を見てみる!