トップページ > 自由研究のお役立ち情報一覧 > 自由研究のアイデアやジャンルってどうする?

自由研究のアイデアやジャンルってどうする?

夏休みの自由研究のジャンルやアイデア教えます。

夏休みの自由研究のジャンル

ジャンルは、大きく分けて、「実験・観察」「手作り」「調べ学習」にわけることができます。
「実験・観察」は、その名の通り理科の実験や生き物の観察をして、レポートにまとめます。市販の便利グッズなどを買うのも良いでしょう。
「手作り」は、何か作品をつくります。万華鏡や模型、芸術作品など。工作と言えばわかりやすいでしょう。
「調べ学習」は、図書館などで文献調査をし、必要な資料をまとめて、意見や感想などを述べてレポートを仕上げます。

オススメのジャンルは?

ズバリ、「調べ学習」です。
自由研究は夏休みに課された課題であるということで、その意義を考えてみましょう。夏休みに出されたのですから、それなりに時間をかけて作るべきです。
また、「研究」なのですから、実験キットなどで結果が約束されているようなものを「研究」と言えるかは微妙です。特に、高学年になればなるほどそう言えます。
上記の「時間をかけてやる」「新しい結論を導き出せる」という点で、自由研究は調べ学習がオススメです。

どうやってアイデアを閃かせるか?

イベントやワークショップに参加してみると良いです。企業や公的団体が、自由研究のヒントを提供してくれています。
また、本屋に行くと、自由研究のコーナーがあります。観察キットや実験ツールなどが販売されています。こうしたところからアイデアを得るのも良いでしょう。
図書館でも、それ専門のコーナーがあるかもしれません。
ぜひ、こうしたところでアイデアを練ってください。

調べ学習のレポートがダウンロードできます。

当ページは、本来は大学生向けの卒業論文を提供するサービスサイトです。
ですが、このような論文も、自由研究の題材として、最近では高校生や中学生にもダウンロードされています。
一覧だけでもぜひ、見に来てください。
論文はダウンロードしたあと、自由に使えます。
論文・レポートの一覧を見てみる!