トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 卒論の結論部分、どうしてる?

卒論の結論部分、どうしてる?

卒論の総まとめ。卒論の結論や結びはきちんと書いてる?

卒論の結論部分、どうしてる?

卒論の結論部分、どう書きますか?どう書く予定ですか?
結論部分は論文のキモ。結論がどのように導かれたのか、どのようなことが考えられるのか。
その卒論の存在意義の部分でもありますので、きっちり書きましょう。
では、結論部分をどのように締めくくるのか。見ていきましょう。

卒論の結論部分の種類

まず、「今後」型。今後、どうしたらいいのか。どう研究したらいいのか。今後この研究を続ける人へ課題を与えます。
次に、「完結」型。結論は出たので、結論をまとめとして書きます。「今後」に繋げても良いです。
更に、「感想」型。結論を一通り述べた後、感想を書く方法です。論文にはあまり感想を書いてはいけないのですが、結論部分の総括としてはOKです。
最後に、「意見」型。結論を述べた後、今後どのようにしていったらいいのか、例えばこういった政策がある、など。意見提言の形をとって総括します。

論文あります。

当サイトは論文を提供しているサービスサイトです。
論文は自由に使うことができます。一部を切り取って貼り付けてもOK、全部をそのまま印刷してもOKです。
完成された論文を配布しています。結論部分も当然きちんと書かれています。また、配布している論文は、当サイトが独自に作成したものです。
一覧から好きな論文を選んでダウンロードしてみてください。
論文・レポートの一覧を見てみる!