トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 卒論、落とされた場合ってどうなっちゃうの?

卒論、落とされた場合ってどうなっちゃうの?

卒論、落ちた・・・どうなるのか?

卒論、落ちた。原因は?

卒論に落ちてしまった。どうしてこうなってしまうのでしょうか?
一つは、提出期限切れです。大学は、提出期限が切れた卒論は絶対に受け取ってくれません。
また、卒論のクオリティが低かった、ということもあります。
さらには卒論の文字数が足りなかった、なんてこともあります。では、卒論で落ちてしまったらどうなるのでしょう?

卒論、落とされた場合ってどうなっちゃうの?

まず、卒業できません。卒業論文なのですから、当然ですよね。
次に、内定が取り消しになります。内定を一年繰り越しに、なんてことはできません。
さらに、留年になり、留年の費用(学費・生活費)が掛かります。また、就活も最初からやり直しです。
このように、卒論の提出期限が間に合わなかったり、卒論のクオリティが低かったりすると、こうした悲劇が起きます。

論文をスグに手に入れる方法!

当サイトは論文を配布しているサービスサイトです。論文のクオリティもそこそこ高いと自負しています。
論文は一瞬でダウンロードできるので、すぐ手に入れることができます。急いでいるときもこれで安心ですね。
加工や編集も自由なので、少しクオリティが高すぎる論文の場合は編集してあえてクオリティを下げることもできます。
完成している論文を手に入れておくと万が一の時にも安心ですよね。また当サイトで配布している論文は当サイトが独自に作った論文です。
論文・レポートの一覧を見てみる!