トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 卒論の評価基準って?落とされるラインは?

卒論の評価基準って?落とされるラインは?

卒業論文の評価基準が知りたい。

卒論って落とされるの?

卒論って落とされることなんてあるんでしょうか?実は、あります。
大学側からすると、卒論は大学研究の集大成。ここで下手なものは認められないのです。
学生の皆さんも、卒論や単位で卒業できなかった先輩たちを知っている人も多いでしょう。
実は、卒論で落とされる学生もいます。これ、結構な問題なんですよね。
そこで、卒論の評価基準を知りたい学生も多いはず。これについて解説します。

卒論の評価基準って?落とされるラインは?

まず、大前提として、誤字脱字がないこと。誤字脱字があれば、即落とされます。
誤字脱字は卒論をきちんと読み込んでいれば残ることはありません。
ですから、誤字脱字はクオリティの低い論文として査読が通ることはありません。
他にも、Webページなどからのコピーがある場合。
大学側もそのあたりは厳しくチェックしているので、ホームページなどからの盗作はやめましょう。卒論は、少しでもクオリティを高めるべきです。

クオリティの高い論文あります。

当サイトをご利用ください。当サイトはクオリティの高い論文を提供しています。
当サイトを使って、ダウンロードした後、その論文は自由に使うことができます。
もちろん、一部を切り取ったり、全部をそのまま印刷するなんてことも可能です。
評価基準にお悩みの学生の方、ぜひ使ってみてくださいね。
論文・卒論の一覧を見てみる!