トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 卒論、コロナをテーマに書く場合はこうすべき!

卒論、コロナをテーマに書く場合はこうすべき!

新型コロナウイルスで卒業論文を書く場合は?

卒論、コロナをテーマに書く場合はこうすべき!

2020年に猛威を振るった新型コロナウイルス。これについて卒論を書きたいという学生は多いはず。
ウイルスに対する弱さ、メディアの問題、経済的ダメージなどは計り知れません。
コロナについて卒論を書きたい気持ちはわかりますが、ではどのような論文を書けばいいのでしょうか。
よくあるのが、自分の所属学部に応じたテーマと、コロナを組み合わせることです。
では、一体どのようにして、コロナで卒論を書いていけばいいのか、これについて解説していきます。

コロナで卒論を書くとき、こうすれば解決!

まず、経済学部であるならもちろん「コロナの経済対策」「経済的影響」が考えられます。
しかし、これについては世界中の経済学者が予測や分析を行っているので、それを整理するだけになってしまうでしょう。
そうです、卒論はオリジナリティーが大事。あえて人々のわかりきっている問題を上げる必要はありません。
そこで、コロナ関連商品のマーケティングに目を当てるなどが考えられます。マスクの転売などは話題になりましたよね。
心理学部や法学部でも同じことです。まず大きなテーマを考えてみて、それが世間で知れ渡っている場合は、狭い範囲のテーマを検討してみると良いでしょう。

あっという間に論文をダウンロードする方法は?

論文を瞬時にダウンロードする方法があります。それが、当サイトを使う、という方法です。
当サイトでは新型コロナウイルスなど、感染症やそれに応じた経済学的なテーマも扱っています。
どれも非常に参考になる論文となっておりますので、ぜひ参照してみてください。
ダウンロード後は自由に使えます。編集したりも自由です。コロナ以外の論文もありますので、ぜひ一覧を見てください。
論文・卒論の一覧を見てみる!