トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 卒論、苦労したことって書いていいの?先輩の苦労したところはどこ?

卒論、苦労したことって書いていいの?先輩の苦労したところはどこ?

卒業論文の苦労したことについて。

卒論、先輩の苦労したところはどこ?

卒業論文は、多くの学生が苦労すると言われています。先輩方も、同じです。
先輩たちが一番苦しんだのは、やはり資料の読み込みとデータ分析、アンケート調査だと言われています。
特に大学三年生ごろから始まるアンケート調査(フィールドワークなどともいいます)が大変のようです。
大学四年生は就活や卒業旅行などがあるため、先輩たちは先を見越して、三年生のうちに卒論の一番苦労するところを終わらせるようですね。
先輩の苦労したところを、本人に聞いてインタビューしてみるのもいいでしょう。きっと役に立ちます。

卒論、苦労したことって書いていいの?

卒業論文に、卒論制作にあたって「苦労したこと」を随筆で書いてしまう学生がいるようです。
しかし、卒論はレポートやエッセイではありません。こうしたものを書くのは不適切だと大学当局が認識する可能性はあります。
特に最近の大学は厳しく、文字数や内容のチェックは厳しいと言われています。
卒論の苦労したことについてダラダラと書き連ねると、文字数稼ぎだと思われてしまうかもしれません。
教授もそのあたりは厳しいと思います。ぜひ、論文は論文として、きちんとした文章を書くべきです。

苦労せずに論文を手に入れる!

当サイトは論文を配布しているサイトです。好きな論文を手に入れてください。
論文はすぐダウンロードできます。ダウンロード後は、自由に使っていただいて構いません。
一部を切り取ったり、全部をそのまま印刷するのも自由です。苦労せずに論文を手に入れることができます。
完成済みの論文ですから、まったく苦労はいりません。ぜひご利用くださいませ。
論文・卒論の一覧を見てみる!