トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 卒論、ページが抜けてると不合格?

卒論、ページが抜けてると不合格?

卒業論文のページ抜け。どうなる?

卒業論文のページ抜け。どうなる?

卒業論文の製作は大変なものです。教授からのプレッシャー、就活の重圧、そして試験勉強などもあります。
卒論制作だけでも苦戦するのに、それ以外のサークル活動やゼミ活動、課外活動もあります。
そう、大学四年生ってかなり忙しいんです。単位を取るだけでなく、様々な活動が必須です。
こうした中で、卒論でついうっかりミスをしてしまうこともあるでしょう。引用文献を乗せなかったり、誤字脱字をしたり。
特に、その中でもページが抜けてしまうという悲劇があるようです。これはどういうことでしょうか?

卒論、ページが抜けてると不合格?

卒論において、ページが抜けている、という指摘を受けることがあります。
これは教授から指摘されたり、ゼミ生同士で卒論を読み合っているときに発生したりします。
なぜこのようなことがおこるのか。主に、印刷の不具合であることが多いようです。
または、文書作成ソフトで誤って上書き保存をしたり、そもそも印刷漏れが起きていたり。
これをそのまま印刷して提出してしまうと、卒論は受け付けられません。文字通り、卒業できません。不合格です。

完成された論文を手に入れる方法。

既に完成している、完全な論文を手に入れる方法があります。それが、当サイトを使うという方法です。
当サイトは完成している論文を配布しています。論文の配布サイトなんです。
もちろん、当サイトの論文をダウンロードした後は、自由に使うことができます。
いつ部を印刷したり、そのまま全部をコピーしたりも自由です。ぜひ当サイトの論文を使ってください。
論文・卒論の一覧を見てみる!