トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 卒論、剽窃がばれた学生の悲劇とその対応。

卒論、剽窃がばれた学生の悲劇とその対応。

卒業論文、剽窃がバレた・・・

卒論、剽窃がバレた場合?

卒論で、一番やってはいけないのが剽窃(ひょうせつ)です。
剽窃とは、盗作のことです。コピペとも言います。
インターネット上の文章をそのままコピーすると、これは違法になってしまいます。
こうした卒論を、大学側は絶対に受け付けません。最近では大学側もチェックを厳しくしているそうです。
剽窃をした場合、最悪のケースでは卒論ができなくなってしまうことがありますので、厳重注意です。

卒論、剽窃がばれた学生の悲劇とその対応。

剽窃がばれた学生は、不可判定となり、その後、大学を卒業することができなくなりました。
もちろん、内定は取り消しです。せっかく大学生になったのに、残念なことになりました。
ゼミもいけなくなってしまうので、退学という道を選ぶこともあります。
このように卒論で剽窃は決して行っていいものではありません。
卒論の剽窃を疑われるような行為もダメです。怪しいものは罰する、というのが、閉鎖的な大学社会です。

論文を一瞬で手に入れる方法

論文を一瞬で手に入れる方法があります。それが、当サイトを利用するという方法です。
当サイトでは、論文を配布しています。なんと、論文をそのままダウンロードできます。
当サイトは珍しいサイトです。ぜひお気軽にご利用ください。
一覧から選んで、すぐダウンロードできます。全部をそのまま印刷して使う、なんていうことも可能です。
論文・卒論の一覧を見てみる!