トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 卒論、若者言葉についての研究ってテーマになるの?

卒論、若者言葉についての研究ってテーマになるの?

卒業論文に若者言葉、流行語を書きたい。

若者言葉は毎年現れる!

流行語、特に若者言葉は毎年生まれますよね。そんな言葉があるのか!と、飽きないものです。
若者言葉はすぐ変異することでも知られています。少し古い例ですが、「了解」を「りょ」と表現するのが、「り」一文字になったりします。
こうしたものの変遷や分析をまとめあげていくことを、卒論のテーマにするのも面白いでしょう。
何より、卒論では伝統的なアプローチと、最新のものを研究するというアプローチがあります。
若者言葉の研究というテーマであれば、間違いなく「最新」です。こうしたものを研究するのはどうでしょうか?

卒論、若者言葉についての研究ってテーマになるの?

しかし、卒論にできるかというと話は別です。言語学や語学、日本学など、こうしたテーマのゼミであればいいでしょう。
では、経済学部や商学部ではできないのか?というと、できないわけではありません。
例えば、「若者言葉を取り入れた商品やサービスの流通戦略」とすれば、経営学部でも使えるテーマになるでしょう。
その卒論のテーマの中で、最近の若者言葉について例示していけば、立派な論文の一つの項目となります。
このように、若者言葉を議論の一つのテーマにしてあげる方法さえつかめば、若者言葉だって卒論のテーマになりうる、ということがご理解いただけたと思います。

一瞬で論文を手に入れる、その方法とは?

今すぐ論文が欲しい、一瞬で論文を手に入れたい・・・そんな人におすすめのサービスがあります。
それが、当サイトを使う、という方法です。当サイトは論文を配布している珍しいサービスです。
論文は一覧から選んで、すぐダウンロードできます。ダウンロード後は、自由に使うことができます。
一部を切ったりはったりするのも自由、印刷するのも自由です。ぜひ、当サイトの論文を使ってください。
論文・卒論の一覧を見てみる!