トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 卒論、ヲタクをテーマにすることができるか?

卒論、ヲタクをテーマにすることができるか?

卒業論文で「オタク」ってアリ?

ヲタクによる、ヲタクのための卒論!?

大学生にはいろんなオタクがいます。ディズニーオタク、アニメオタク、ジャニーズオタク、漫画オタクなどなど・・・
理系の大学ではもちろんですが、文系でもおおいもの。身の回りに〇〇オタクが居るという人、少なくないですよね。
これを学業に応用できないか?とは誰しも考えるものです。例えば卒論とか・・・
ヲタクのための卒論とは、どうしたらいいのでしょうか。それって可能なのでしょうか。
ヲタクによる、ヲタクのための卒論を書きたい・・・これってアリなの!?

卒論、ヲタクをテーマにすることができるか?

ヲタクが、ただ自分の好きな作品について語るのは感想文であって、卒論ではありません。
大学のレポートでふざけて書いたら失格になりますよね。それと同じことが言えます。
卒論でヲタクをテーマに書きたい場合は、ヲタクの習性をテーマに入れてみるというのはどうでしょうか。
例えばあなたがディズニーオタクであれば、「ディズニーについて」というディズニーオタクな論文を書くのはいただけません。
「マスコットキャラクタービジネスにおけるディズニーの先見性について」というテーマであれば、書けます。これが、オタクの力を使って卒論を書く方法です。

ダウンロードはすぐ。論文を入手しよう。

論文を入手する方法があります。それが、当サイトを使うという方法です。
当サイトでは論文を配布しています。配布している論文は、自由に使うことができます。
もちろんダウンロードはすぐ終わります。論文をスグ、入手することができます。
入手した論文は、煮たり焼くなり自由です。一部を切り取って使う、なんてことも可能です。
論文・卒論の一覧を見てみる!