トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 卒論のデータに間違いが・・・悲劇の始まり?

卒論のデータに間違いが・・・悲劇の始まり?

卒業論文のデータ間違え。どうなってしまう?

卒業論文のデータ間違え。どうなってしまう?

卒論に「データ」はつきものです。データ収集がメインと言っても過言ではありません。
アンケート調査やフィールドワーク、ワークショップなどを開催し、データを集める人も多いですよね。
また、資料を読み込んでデータを漁る人も多いはず。大学4年生のうちは図書館にかかりきりになる、ということも。
こうして苦労して集めたデータですが、自分の勘違いや、時間の不足などから、データの扱いが雑になってしまうことがあります。
うっかりミスで、逆の結論を導き出していた、でも修正できない・・・なんてケース、よくあるようです。

卒論のデータに間違いが・・・悲劇の始まり?

そこから悲劇が始まるわけですが、卒論のデータの間違いを修正することは至難の業です。
中には、そのまま提出してしまったという学生も。データの修正をする時間がなかったようです。
そもそもデータの修正のあとは、結論も修正しなければならないので、データが誤っていると大変なことになります。
データのとり方自体に問題があるケースも。こうして悲劇が始まってしまうのです。
学生の皆さんは、自分でデータをとる、ということが初めての人も多いようですから、しっかりとここは押さえて卒論を書いていきましょう。

論文を手に入れる方法。

論文を手に入れる方法があります。それが、当サイトを利用して論文をダウンロードするという方法です。
データなどが掲載されている論文もありますので、この論文を用いて提出できます。
なお、ダウンロードした後は自由に使えます。一部を切り取ったり、全部をそのまま使ってもOK。
ぜひ、当サイトの論文をご利用ください。そうすれば、間違いがありません。
論文・卒論の一覧を見てみる!