トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > Fラン大学の卒論の実態。

Fラン大学の卒論の実態。

卒業論文、Fランク大学の場合の恐ろしい内容。

Fラン大学の卒論の場合・・・

Fランク大学というと、悪いイメージがありますよね。大学はあまり有名ではなく、偏差値も低い。
特にナントカ国際大学とか、ナントカ情報大学、ナントカ経済大学と言ったような、文字合わせの大学が多いのが特徴です。
こうした大学では、とても卒論とは思えないものが教授に提出されることがあります。
もちろん、Fランク大学だからと言ってそれでは卒業できません。教授に提出したとしても、最終的に通すか通さないかは大学が決めます。
ですから、Fラン大学でも卒論はきちんと書かなければなりません。では、その実態とは?

Fラン大学の卒論の実態。

教授に提出されたものの恐ろしい卒論の内容とは、以下の通りです。
まず、「分数のやり方」。小学生レベルの算数のやり方を卒論として提出しようという学生。
あるいは、「スマホについて」。普段から使っているスマホの解説をする、という学生。
もちろんこのような内容では、いくらFラン大学だからと言って卒業することはできません。
きちんとした論文を作り上げ、教授からOKをもらい、大学側に通さなければ、卒業はできないのです。

きちんとした論文、あります。

そうはいっても、きちんとした論文が作れない、というFラン大学の学生は多いでしょう。
そこでオススメしたいのが、当サイトを利用するという方法です。
当サイトでは論文を配布しています。もちろん、きちんとした論文です。
論文のダウンロードはすぐに終わりますし、ダウンロード後は自由に使ってください。
論文・卒論の一覧を見てみる!