トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 卒論のテーマに経営ってどう書けばいいの?

卒論のテーマに経営ってどう書けばいいの?

卒業論文、経営で書く場合の書き方。

卒論のテーマに経営ってどう書けばいいの?

大学の経営学部に通っていると卒業するときに書く卒論のテーマに「経営」に関することを選び、企業や飲食店など身近なものを経営する方法を考えると書きやすいです。研究テーマを挙げる場合は特定の企業の経営の方針を選び、資料がありすでに研究されていないか確かめないといけません。大学を卒業するためには卒論で学んだことをきちんと理解しないと証明しないといけないため、テーマの選び方は重要です。
テーマは難しすぎると参考文献が見当たらなくて文章が続かなくなり、中途半端な形で終わってしまいます。逆に単純すぎるとありふれた内容になり受理されないため、学んだ成果を出せるように決めることが大事です。経営に関するテーマは企業や店舗など幅広くありますが、調査を行うための資料があり過去に研究されていない適度な難易度のものにする必要があります。
テーマを決めたあとは仮説を立てて検証をすることが研究になり、正しいかどうか調べるようにしないといけません。「人員不足が発生しているのは需要と供給のバランスが悪いために起きるのか?」など仮設を立て、企業の経営方針に関する資料を参考にして合っているか確かめる方法を検証と言います。問いから仮設を立てて検証する流れを繰り返すことで論文を書け、読み手にうまく伝わりやすくなります。仮設は問いがしっかりしていても立てにくいこともあり、限界があれば講師に相談するか別のテーマにするなど臨機応変に決めることが望ましいです。
経営に関する卒論のテーマは身の回りにいくらでもあり、最新のニュースを確かめてタイムリーなものを選ぶと効果があります。研究は問いから仮設を立てて検証する流れになり、指定された文字数に達することができるよう参考文献や資料を集めて作成することが大事です。テーマを決めようとしてもなかなか思い浮かばないときは学んだことを思い出し、自己分析をしてどのようなことに興味があるのか把握するとイメージできるようになります。経営は社長が方針を決めて必要な人材を集め、売上を伸ばして利益につなげるようにする仕組みです。ただし、社会情勢などの影響で方針を転換せざるを得ない場合もあり、社長が危機を乗り切るためにして成功したことなどを選ぶとうまくアピールできます。一例としては以上のようなものがありますが、講師や友人と話したり外を歩いているときに様々なものを観察したりYouTubeなどの無料動画で経営者が解説する動画を見て情報を仕入れるとイメージしやすいです。
大学の経営学部に通うと企業の経営に関する知識を学べますが、卒論はその集大成として講師に対して成果を示さないといけません。テーマに経営と書くときは「任意の店舗や企業など」と「経営の仕方」を組み合わせ、他人が読んで役に立つような内容に仕上げる必要があります。文章を書くためには新規性があれば過去に研究されていないため、より多くの読み手に興味を持ってもらいやすいです。また、データや先行研究がないと参考にできる情報がなく、あるかどうか確かめて決めないといけません。研究をするためには労力や時間を要するものにしないと中途半端な内容になり、大学でせっかく学んだ意味がなくなるものです。文章を作成するためには力量に合っているか確かめ、難しいものを選んで書けなくなったり簡単なものにして薄っぺらい内容にならないようにする必要があります。卒論はただ単に書けば良いというわけでなく、就職活動でテーマや内容などを聞かれることもあり説明できるようにすることが重要です。経営に関するテーマは就職活動をするために関連性が深く、最新のニュースを確かめてからアピールできるように決めると効果があります。
論文・卒論の一覧を見てみる!