トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 卒論のテンプレってどうやって作るの?

卒論のテンプレってどうやって作るの?

卒業論文、テンプレートの作り方は?

卒論のテンプレってどうやって作るの?

卒論を書くときはテンプレがないと文章を構成しにくく、事前に作って書きやすくすると余分な時間をかけずにスムーズにできます。テンプレは書くコンテンツを決めて順序通りに並べて完了するよう作成し、見直しをしてから提出できるようにする必要があります。卒論のテーマは人それぞれですが書き方は多くの人が共通しているため、他人のものを参考にしてどのようなコンテンツがあるか確かめて順序を決めることが望ましいです。必要なコンテンツは論文の構成を伝えるための目次、見出し、ページ番号、図表、文字列の折り返し、引用文献などがあり、必要な文字数になるようそれぞれの割り振りを決めると書きやすくなります。テンプレを使って文章を作成すると書くコンテンツが分かりやすくて便利ですが、マニュアルどおりにすると個性が出なくなり内容が薄くなるため注意が必要です。テンプレを作るときは問いから仮設を立てて検証する流れを繰り返せるように考え、テーマを決めてからコンテンツを決める必要があります。卒論は表紙から本文、まとめなどをきちんと決め、読み手に的確に伝わるようにしないといけません。テンプレはダウンロードをすると書くときに参考にでき、ワード形式で出てきます。
表紙は学校名や学部、指導教員、学籍番号、氏名、提出日を明記し、上に題目を分かりやすく記入する必要があります。本文は章立ての仕方を詳しく書き、第1章では「はじめに」という内容で、研究の背景、研究の目的、論文の構成の3つを節にします。第2章では準備、第3章では本題という内容で、問題提起と研究の説明の2つを節にします。第4章では考察、第5章では結論と順序良く並べ最後に参考文献や付録を付けます。章や節はあくまでも一例のため研究するテーマに応じて内容を変え、読み手に明確に伝わるようにすることが望ましいです。また、それぞれの項目別にページを割り振ると書きやすくなり、完成後に誤字脱字や文章構成に不自然なものがないか見直してから提出することができます。テンプレは文章を作成するための方向性を詳しく紹介しているため、事前にダウンロードをしてから状況に応じてアレンジすると書きやすくなります。
卒論を作成するときはじっくりと時間をかけてするようにしないと内容が薄くなり、学校やゼミで学んだことを活かせるようにテーマを決める必要があります。テンプレは章や節ごとに文字数を割り振ると書きやすくなり、相手に分かりやすくなるように参考文献を使って要点をまとめることが大事です。文章は長すぎたり短すぎたりすると読みづらくなり、問いから仮設を立てて検証するときにも分かりやすくなるように区切る必要があります。卒論は学校やゼミで学んだことを証明するための集大成になり、テンプレを作成すると一度担当講師に相談してアドバイスをもらうと書きやすくなって効果的です。参考文献の内容はそのままコピーすることは禁止され、文章を引用する際には別の言葉で置き換えて伝わりやすくする必要があります。
テンプレの作り方は人それぞれですが、テーマを決めてから書きやすくなるように章や節を設定してから順序を決めることが望ましいです。卒論を書くときはテーマがなかなか決まらずに困ることもありますが、学んだ内容を活かせる事例を探して研究するようにするとより多くの人に伝わります。ただし、すでに研究されているものは二番煎じになるため、最新のニュースを確かめて探すようにすることが大事です。テンプレはテーマを決めて必要なコンテンツを設定し、それぞれの長さを設定するとスムーズに書けます。完成後は誤字脱字や文章構成が不自然でないか確かめ、質疑応答でも答えれるよう自信を持って提出することが大事です。
論文・卒論の一覧を見てみる!