トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 労働を卒論のテーマにしちゃう?どうする?

労働を卒論のテーマにしちゃう?どうする?

卒業論文、労働をテーマにする場合の書き方について。

労働をテーマにしたい!

働きすぎと言われる日本人。サービス残業や労働衛生などについてかなり悪いと言われていますよね。
最近では働き方改革やダイバーシティなどと言われていますが、あまり改善されていません。
満員電車を見ればわかるように、リモートワークが少し進んだからと言って労働は減っていないのです。
文化的な生活をするには労働以外のことにエネルギーを向ける必要がありますよね。
労働問題はもはや社会問題です。これを改善するために、卒論をテーマにするのも良いと思います。

労働を卒論のテーマにしちゃう?どうする?

労働を卒論のテーマにする場合は、マクロ面とミクロ面のどちらか一方から見るのがいいでしょう。
労働をマクロ面からみる場合は、様々なデータが必要です。必要に応じて、フィールドワークなどもすることでしょう。
ミクロ面からみる場合は、現場の声が必要です。アンケート調査などが必要になります。
データや現場の声を吸い上げ、それを数値化し、分析し、統計的手法から結論を導いていく。
これが卒論の王道の展開です。労働問題についてはなかなか欲しいデータが見つからず、大変なことも多いでしょう。

一瞬で論文をダウンロードしよう。

一瞬で論文をダウンロードすることができるってご存知でしょうか。
それが、当サイトを利用する方法です。当サイトでは労働問題などの論文も配布しています。
もちろん、ダウンロード後は自由に使えます。一部を切り取ったり、全部をそのまま印刷したりも可能です。
お気軽にご利用ください。一瞬で論文を手に入れてください。
論文・卒論の一覧を見てみる!