トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 卒論とは?文系の卒論ってどんな感じ?

卒論とは?文系の卒論ってどんな感じ?

卒論って何?文系の卒論はどう書くの?書き方は?

卒論とは?

卒論とは、大学4年生の最後に提出する、とても大変なレポートのことです。
理系ならば実験をして、その考察を論じていく・・・というのがわかりやすいですが、文系はどうなのでしょうか。
論文として成立するために、文字数も2万字程度と結構な量が必要です。
また、教授に見てもらって修正するという作業もあります。
更に言えばゼミ生に発表をしたり、大学から発表を命じられることもあります。

文系の卒論ってどんな感じ?

文系はまず、ゼミに入ります。2年生のうちに研究テーマを決めることがほとんどです。
そして3年生のうちにフィールドワークやアンケート調査などがあります。
早い人だと、3年生のうちに卒論の執筆が終わっている人もいます。
大学4年生はなにかと忙しいですから、3年生のうちに終わらせてしまおうということですね。
資料収集や分析、調査やインタビューなど、こうした作業も大変時間がかかります。

一瞬で!論文を手に入れよう。

論文の作成にはとても時間がかかるものですが、一瞬で論文を手に入れる方法があります。
それが、当サイトを使うという方法です。当サイトは論文を配布しているサイトです。
手に入れた論文はそのまま印刷してもいいですし、一部を切り取って修正してもいいです。
一瞬で論文を手に入れることができるのは当サイトだけです。もちろん文系の論文もあります。ぜひご覧ください。
論文・卒論の一覧を見てみる!