トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 文字数が足りない、卒論のそんなお悩み、解決します!

文字数が足りない、卒論のそんなお悩み、解決します!

文字数が足りなくて、卒論ピンチ!

卒論の文字数が足りない…これってあるある?

卒論の文字数が足りないという学生の悩みは、多くの人が体験するようです。
そもそも卒論の文字数って、いくつが適正なのでしょうか?これについて解説します。
まず結論から言えば、2万字~3万字という学校が多いようですが、必ずしもこの文字数ではないというところもあります。
例えば、文字数を設定していない大学もあります。また、文字数ではなく、A4で30枚程度、という大学もあります。
しかし、多くの大学ではやはり2万字程度が妥当なところです。ですから、文字数が足りないという学生が、提出間際で大変なことになります。

卒論の文字数が足りない場合の対処法

卒論の文字数が足りない場合、簡単にできる対策が「引用」です。
Webページの内容をコピーして、引用すれば文字数を稼ぐことができます。
しかしこれはあまり良い対策とは言えません。小手先の技と言えます。
やはり根本的には、論文の内容が薄いことが原因ですから、文字数を高めるために、追加の研究などが必要になります。
文字数が足りないのは致命的な問題ですから、なんとかして対応が必要と言えるでしょう。

今すぐ!論文が欲しい場合。

今すぐ、論文が欲しい場合は、当サイトの論文一覧を見てください。
論文はいちから作ったものです。もちろん、ダウンロードして、すぐに使うことができます。
今すぐ論文が欲しい学生にとって、とても嬉しいサービスサイトとなっています。
文字数が足りない学生は、当サイトの論文を参考にしたり、コピーして貼り付けたりすることができます。ぜひご利用ください。
論文・卒論の一覧を見てみる!