トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 文字数でバレる!卒論の意外な落とし穴とは?

文字数でバレる!卒論の意外な落とし穴とは?

卒論、文字数がバレる?

少しくらい水増ししても・・・と思っても。

卒論の文字数稼ぎ、みんなやりたいですよね。
ちょっとくらい水増ししても大丈夫じゃないか、と思う学生も多いようです。
しかしながら、大学側は文字数チェックをきちんとしています。
特に、目次は文字数に入れないなどの厳しいルールを厳格にチェックしています。
少しくらい水増ししても大丈夫だろうというのは、通用しません。

文字数でバレる!卒論の意外な落とし穴とは?

例えば適当な文字を入力して文字色を白色にするという方法もありますが、バレます。
また、引用など過度な文字数稼ぎも、不審に思われて、すぐにばれてしまうでしょう。
こうしたところに意外な落とし穴があるので、要注意です。
引用しまくったあげく、大した内容になっていない卒論は、その時点ですぐわかってしまうのです。
卒論の文字数稼ぎは、悪いことをするとすぐバレてしまうと思った方が良いでしょう。

一瞬で論文のダウンロードが終わる

文字数稼ぎが大変な論文制作。しかしここで、当サイトを使うという方法があります。
当サイトは、自由に使える論文が配布されています。
もちろん、切って貼ったりも自由です。安心安全に使うことができます。
一瞬で論文のダウンロードが終わりますので、文字数稼ぎなどで大変な学生は、利用してみると良いでしょう。
論文・卒論の一覧を見てみる!