トップページ > 卒業論文のお役立ち情報一覧 > 卒論、前期でやるべきこと、やらなかった場合の救済策。

卒論、前期でやるべきこと、やらなかった場合の救済策。

卒論、前期何もやってない。

卒論、前期でやるべきこと

卒論提出時期なのに、前期に何もやっていない…そんな学生、いるみたいです。
就活で忙しいなどの時間的な余裕のなさから、何もしていない学生も一定数います。
しかし、これで大丈夫かと言えばそんなことはありません。危機的です。
やはり前期できちんと動いていた学生とそうでない学生の差がつくことになります。
卒論は、遅くとも前期から始めるべきでした。では、その流れとは?

卒論、前期でやらなかった場合の救済策。

そもそも卒論は3年生のころから準備をすべきものです。
フィールドワークやアンケート調査など、このような大きな作業があるからです。
前期でやらなかった場合は、このような煩雑な作業をひたすら超特急でやる必要があります。
教授へのチェック、発表、そしてデータの分析などを半年で終わらせなければなりません。
そしてそもそも卒論は二万字程度書くものですから、執筆作業が多すぎてやばいのです。

論文を、今すぐ入手。

論文を今すぐ入手する方法があります。前期何もしていなかった場合の挽回のチャンスですね。
当サイトは、論文を配布しているサイトです。今すぐ論文を入手できます。
論文は一覧から自由に好きなものを選べます。そして、ダウンロード後は自由に使えます。
全部を切り取ったり、一部を印刷したり、完全に自由です。ぜひお使いになってください。
論文・卒論の一覧を見てみる!