論文一覧 > アニメ
 
すべての論文一覧に戻る

 

その他の論文(一部抜粋)

 

すべての論文一覧へ戻る

すべての論文一覧はコチラ


お早めにご購入ください。

例年、卒論の追い込み時期となる10月からアクセスが殺到し、希望する論文が買えなくなることがありますので、お早めにご購入下さい。

購入の流れ

購入の流れ
⇒詳しくはコチラ


サンプルへ

よくある質問

論文はどうやって届きますか?

→決済完了後、すぐにメールで届きます。論文はワードファイルなので、パソコンのメールアドレスがオススメです。

論文の形式は?

→ワードファイル(.doc形式/Microsoft Word)です。ワードの全てのバージョンで開けます。自由に編集可能です。

論文が表示されません。

→コチラのページをご覧ください。
■その他のよくある質問はコチラ

クチコミのページへ

コラム記事

最近のアニメ業界、どんな感じ?

最近のアニメ業界、どんな感じ?というテーマで論文を書く時には、そもそもアニメ業界とはどういったところなのかを説明することが大切です。
日本のアニメーションというのは、世界に誇るほどに素晴らしいものがあります。ですが、だからといって、すべての人がアニメ業界に詳しいわけではないのです。
論文を書く時には、アニメ業界というところがどういったところなのかについて解説することが大切です。
そして、いきなり最近のことだけを記載しても、読んでいる人には詳しくはわからないこともあります。特に、専門用語が文章の中にあると、それだけで読んでいる人は理解ができず、混乱してしまいます。
論文は、自分だけが理解できればいいというわけではありません。読んだ人が理解できなくては意味がありません。論文を書く時には、第3者が読んで理解できるような文章を心がけるようにしましょう。
また、どうしても専門用語を入れたい時には、その専門用語がどういった意味を持っているのかについて詳しく解説することが大切です。注釈を入れる時には論文の下部の部分に入れることが望ましいです。そして、()で区切っておくとわかりやすくなります。
また、最近のアニメ業界について書く時には、過去のアニメ業界と比較する文面を入れるようにしましょう。また、その時には過去のアニメ作品やアニメ雑誌などの一文を引用することもあるでしょう。その時には、どこを引用したのかわかりやすくすることが大切です。記載する時には、作品名や著書名だけを書けば良いと考えている人もいるかもしれませんが、できれば更に詳しい情報を記載することも望ましいです。アニメ作品の場合は監督名や製作年、出演者を記載することが必要ですし、アニメ雑誌の場合もアニメ誌のタイトルや発売年を記載することも大切です。
また、単に資料だけを読んで論文を書くだけではなく、関係者に対して取材をおこなうことも必要です。この時には、いきなり取材をしたいと申し出てもすぐに受けてくれるところはありません。取材を考えているなら、できるだけ早めに連絡をしておくことが大切です。また、何を聞きたいのかをあらかじめまとめておいて、すぐに聞けるように準備しておくことが大切です。
「最近のアニメ業界、どんな感じ?」というテーマで論文を書く時には、専門用語には気を付けて、過去のアニメ業界とどこら辺が違うのかについて対比をしたり、関係者から詳しい話を聞いたりするなどして、テーマを深堀りしていくことが大切です。