論文一覧 > キャッシュレス
 
すべての論文一覧に戻る

 

その他の論文(一部抜粋)

 

すべての論文一覧へ戻る

すべての論文一覧はコチラ


お早めにご購入ください。

例年、卒論の追い込み時期となる10月からアクセスが殺到し、希望する論文が買えなくなることがありますので、お早めにご購入下さい。

購入の流れ

購入の流れ
⇒詳しくはコチラ


サンプルへ

よくある質問

論文はどうやって届きますか?

→決済完了後、すぐにメールで届きます。論文はワードファイルなので、パソコンのメールアドレスがオススメです。

論文の形式は?

→ワードファイル(.doc形式/Microsoft Word)です。ワードの全てのバージョンで開けます。自由に編集可能です。

論文が表示されません。

→コチラのページをご覧ください。
■その他のよくある質問はコチラ

クチコミのページへ

コラム記事

そもそもキャッシュレスとは何か?

そもそも「キャッシュレス」とは何でしょうか。
キャッシュレスとは、キャッシュをレスすることです。
キャッシュとはお金のことです、レスは少なくするという意味です。
つまり、お金(硬貨、紙幣)を使わない決済方法になります。
今、お金を使わない決済方法に注目があります。
なぜかというと、現金の受け渡しがないので、店員・お客さんの両方に益があるのです。
もしかして、キャッシュレスと聞いて、クレジットカードしか思い浮ばない人がいるかもしれません。
しかし、キャッシュレスはクレジットカードだけのことを言っているのではないのです。
もちろん、クレジットカードを使った決済もキャッシュレスです。
今、流行っているのが、電子マネーというものです。
これも、キャッシュレスの決済方法の一つです。
特にオススメなのが、交通系電子マネーです。
交通系電子マネーで一番有名なのが、Suicaです。
Suicaみたいな交通系電子マネーは各地域で出されています。
そして、交通系電子マネーはどこの地域でも大抵利用することができます。
最近だと、スターバックスコーヒーが交通系電子マネーに対応したことで話題になっています。
交通系電子マネーの良いところは、クレジットカードのようにどれだけ使ったのかわからないという問題がありません。
交通系電子マネーは自分で駅やコンビニで、あらかじめお金を入れておきます。
そして、その入れたお金を使って決済ができます。
ですから、クレジットカードのように使いすぎるという問題がありません。
交通系電子マネーは大きく3種類に分かれています。
一つ目は、定期券としても使えるものです。
二つ目は、自分の名前などを登録して使うものです。
三つ目は、無記名で使うものです。
この中でオススメなのが、無記名で使う交通系電子マネーです。
無記名ですから、すぐに購入できて、面倒くさいことはなにもありません。
すぐに使うことができます。
もちろん、交通系電子マネーが利用できるお店で使うことができます。
学生さんがクレジットカードを持つことは今の時代当たり前かもしれません。
しかし、学生さんの中にはクレジットカードは使い過ぎて困ると言う方もいると思います。
そういう方にぜひ交通系電子マネーの活用を考えて欲しいと思っています。
交通系電子マネーは、コンビニや薬局、デパート、本屋、そして電車の乗り降りにも対応しています。
これほど便利でリスクの少ないキャッシュレス方法はないと思います。
もちろん、クレジットカードを使いこなせるという方はそれでいいと思います。
いろいろなキャッシュレスの手段があることを理解し、卒論では論じていきましょう。