論文一覧 > コ-ヒー・カフェ
 
すべての論文一覧に戻る

 

その他の論文(一部抜粋)

 

すべての論文一覧へ戻る

すべての論文一覧はコチラ


お早めにご購入ください。

例年、卒論の追い込み時期となる10月からアクセスが殺到し、希望する論文が買えなくなることがありますので、お早めにご購入下さい。

購入の流れ

購入の流れ
⇒詳しくはコチラ


サンプルへ

よくある質問

論文はどうやって届きますか?

→決済完了後、すぐにメールで届きます。論文はワードファイルなので、パソコンのメールアドレスがオススメです。

論文の形式は?

→ワードファイル(.doc形式/Microsoft Word)です。ワードの全てのバージョンで開けます。自由に編集可能です。

論文が表示されません。

→コチラのページをご覧ください。
■その他のよくある質問はコチラ

クチコミのページへ

コラム記事

最近のカフェ業界、どんな感じ?

最近のカフェ業界、どんな感じ?というテーマで論文を書く時には、まずはあらゆる媒体を使って情報を集めることが大切です。その理由は、論文というのは研究結果を客観的にまとめなくてはなりません。つまり、資料となる情報がなくては書くことができないのです。
では、情報を集める方法は具体的にどんなものがあるのでしょうか。最も簡単なものはテレビやネットです。テレビでは、流行りのカフェが紹介されることもありますし、ネット検索なら瞬時に現在のトレンドについて知ることができます。更に、女性誌などではカフェ特集が組まれているものもあるため、テレビやネットでは紹介されないところもあって、情報収集には困りません。
また、最近のカフェの動きを知るには、まずはカフェの歴史を知ることも大切です。そもそも、カフェとはどの国で、どのように誕生したのか。そして、人々はコーヒーやカフェとどのように向き合ってきたのかを探ることも重要です。そんな時に頼りになるのが、図書館です。図書館にはカフェの歴史を書いた本も存在しますし、過去の女性誌もあるため、カフェの流行についても知ることができます。時系列で説明することによって、より読んでいる人にカフェの実情がわかりやすくなります。
そして、カフェを研究するなら、実歳にカフェ巡りをすることもおすすめです。実際に足を運ぶことによって、ネットや書籍では得られない情報を知ることができます。ですが、この時にただやみくもにカフェ巡りをしているだけなら論文は書けません。そのカフェについて細部に渡り調べて、その結果をわかりやすくまとめる必要があるのです。そして、カフェの店長に内情についてインタビューするというのも、論文を書く時には大切です。その時には、事前に自分がどの大学の生徒で、どの学部にいるのかを説明し、研究のテーマについても話しておくようにします。ネットや書籍だけではなく、取材をすることによって、自分にしか書けない論文が書けるのです。
そして、インタビューの時間はできるだけ短めにしておくことです。
また、インタビューの後には、お礼のメールを出しておくようにするといいでしょう。
「最近のカフェ業界、どんな感じ?」というテーマで論文を書く時には、書籍やネットに頼るだけでなく、実際に足を運び、コーヒーが提供されるカフェそのものの雰囲気を感じたり、店主に話を聞いたりするのも効果的です。独自の取材を取り入れることによって、他の人とは違う個性的な論文を作成できますし、読んだ人の印象にも残りやすくなります。