論文一覧 > 企業
 
すべての論文一覧に戻る

 

その他の論文(一部抜粋)

 

すべての論文一覧へ戻る

すべての論文一覧はコチラ


お早めにご購入ください。

例年、卒論の追い込み時期となる10月からアクセスが殺到し、希望する論文が買えなくなることがありますので、お早めにご購入下さい。

購入の流れ

購入の流れ
⇒詳しくはコチラ


サンプルへ

よくある質問

論文はどうやって届きますか?

→決済完了後、すぐにメールで届きます。論文はワードファイルなので、パソコンのメールアドレスがオススメです。

論文の形式は?

→ワードファイル(.doc形式/Microsoft Word)です。ワードの全てのバージョンで開けます。自由に編集可能です。

論文が表示されません。

→コチラのページをご覧ください。
■その他のよくある質問はコチラ

クチコミのページへ

コラム記事

そもそも企業とは何か?

 「そもそも企業とは何か?」という事について解説していきたいと思います。


「企業とは何?」

 企業とは「世の中の責任を背負っている」のが企業と言えます。

 一般的に企業と言いますと、何かを販売している企業があるとします。その企業が販売をしている商品に関心(興味)を持ち、問い合わせを等をしてくるお客様がおります。または店頭販売をしているならば、接客を伴ってコミュニケーションを取りながら商品を提案し、購入して頂くお客様がおります。

 これらのお客様のお蔭で企業の利益は確保されていくわけです。これらの信頼、実績の積み重ねが企業を発展させていくのです。非常に大きな夢のあるお話だと思います。

 しかしながら、それだけでは企業とは言えないのです。企業が提供するサービスや商品、社員はお客様に対する責任があるのです。

 商品を納得して購入していただいて安心して使っていただく責任。店頭販売であればご来店いただく責任。果ては取り置き等があればきちんと提供できるように在庫を確保する責任等があります。

 これらの責任を全部果たしてから、お客様に対する責任を全うして利益を確保できるわけです。


 次に企業内の責任があります。どんなに優れた良い商品を企画して作成して販売しようとも、その商品をいかに効率的に展開して利益を上げるかが問われているのも企業の責任です。

 したがって人事部が人選を誤れば、どんなに優れた良い商品でもヒットせずに鳴かず飛ばずに終わってしまうこともあります。また人選がしっかりとしていれば、確実に商品を効率よく売ることが出来て、利益を確保できるのです。

 ここで初めて商品に対する責任を全うできるのです。

 この責任を全うする事によって、商品に対する責任とお客様に対する責任を果たすことができるのです。特に商品に関してはお客様に提供するものですので、確実性があり安心・安全基準がクリアされている事が必須です。

 これらを果たすことで利益は必然的に数字となって出てきますので、企業そのものに対する責任も果たしております。企業の株主や会長、代表取締役社長等に対する報酬として、配当金や役員報酬も確実に確保できるのです。

 もちろんですが、幹部クラス(課長や部長)の報酬、一般社員の報酬も確保できるので、自分たちの生活や社員たちの生活を守る責任も果たすことができるのです。

 このように企業というのは、「世の中の責任」を背負って日々発展していっているのです。