論文一覧 > スポーツ
 
すべての論文一覧に戻る

 

その他の論文(一部抜粋)

 

すべての論文一覧へ戻る

すべての論文一覧はコチラ


お早めにご購入ください。

例年、卒論の追い込み時期となる10月からアクセスが殺到し、希望する論文が買えなくなることがありますので、お早めにご購入下さい。

購入の流れ

購入の流れ
⇒詳しくはコチラ


サンプルへ

よくある質問

論文はどうやって届きますか?

→決済完了後、すぐにメールで届きます。論文はワードファイルなので、パソコンのメールアドレスがオススメです。

論文の形式は?

→ワードファイル(.doc形式/Microsoft Word)です。ワードの全てのバージョンで開けます。自由に編集可能です。

論文が表示されません。

→コチラのページをご覧ください。
■その他のよくある質問はコチラ

クチコミのページへ

コラム記事

最近の野球業界、サッカー業界について。

最近の野球業界、サッカー業界についてですが、まず過去の野球業界及びサッカー業界と比較した場合、過去であれば将来性が期待されていました。何故将来性があったのかというと、スポーツ用品の売り上げに関係するのが野球選手及びサッカー選手の活躍であったからです。しかし、ここにきてある問題が起きているため最近の野球業界およびサッカー業界は市場の縮小をしているように見えます。その問題ですが、簡潔に申し上げますと野球およびサッカーの人気が衰えた点、疫病などが蔓延した場合、外で自由に第3者と一緒になる野球やサッカーというゲームがふさわしくないという点で野球業界及びサッカー業界は市場の規模を縮小しています。反面、ランニングシューズや自転車関連のスポーツ用品でかつ個人で楽しむことが出来るスポーツ関連の商品は伸びていることを見れば如何に、野球およびサッカーというスポーツのジャンルがインフルエンザのように蔓延し長期に至り生活に影響を及ぼすものに弱いかが分かります。そのうえで、さらに申し上げますと、スポーツの人気が下がる要因はそれだけではなく、そもそも野球やサッカーという団体競技を子供にプレイをさせるとなると経費が掛かりすぎるという問題も最近の野球業界やサッカー業界から若者がサッカーや野球というスポーツに参入しなくなったとも言えます。つまり、野球選手になるまでにかかる費用が大きく、サッカー選手も同様にプレイヤーになるまでの費用が大きすぎて万が一、野球選手やサッカー選手になることが出来ない場合、まったくの無駄な時間を過ごしたことになり、他の職業に就くにしても野球という推薦やサッカーという推薦で入学をしているため、他社と比較した場合、残念ながら社会人として能力が劣るが故最近の野球業界及びサッカー業界とはかかわらないという人物が大きくなり、あくまで産業としても万円型ウィルスに弱いわけですから今後においても産業が伸び悩むこととなります。以上からまとめますと、最近の野球業界及びサッカー業界は規模を縮小しており、その要因はまん延型ウィルスに弱く、スポーツに新しく参加する人物を獲得できず、野球やサッカーのグッズの売り上げも期待できないため、スポーツウェアなどのグッズ販売業界からも見放されつつあると言えます。逆に一人でもできるようなスポーツは現在では需要がある産業であると判断され自転車およびランニングシューズなどの売り上げは良く、もはや、野球およびサッカーというコンテンツ自体第3者が選手になるために挑戦してみよう面白そうなスポーツだからやってみようということを考えなくなったと言えます。