トップページ > コラム記事一覧 > 【親向け】子供に卒論を買ってあげる親の心理とは?

【親向け】子供に卒論を買ってあげる親の心理とは?

当サイトで子供に卒論を買ってあげる親が増えています。その理由とは。

卒論を購入する親の増加

最近、当サイトでは卒論を子供のために購入する親御さんが増えています。最近力を入れて開拓している顧客層になります(笑)。
大多数が、子供の卒論に対してとても危機感を感じてらっしゃる親御さんです。子供が卒業できるか、本当に心配なようです。
あまりに真剣で荘厳なメールをいただくので、当方としても変に気張ってしまうのですが、それほど危機感を感じていることの表れなんでしょう。

卒業できなかった場合の費用

なぜ、親御さんたちはここまで心配するのでしょうか。ズバリ、それは「お金」です。卒業できなかった場合、留年することになります。留年はするだけで費用です。
学費はもちろん、生活費や仕送り、教科書代に至るまで親御さんが出されている家庭は多いでしょう。大学4年間が5年間になるだけで、大きな負担になるわけです。
それだけではありません。大学を留年すると、就職もうまくいかなくなる可能性が高まります。日本の「新卒採用」という潔癖症な採用制度は、留年をしている学生に対して非常に不利になります。少しでもドロがつくと、その人を純白な人間だと受け入れてくれません。留年すると、それだけでハンディキャップになり、就職がうまくいかないケースがあるのです。
せっかく大変な授業料を支払って大学に入学させたのに、良い就職先に就けなかったなんて、親御さんとしては本当に困りますよね。一人っ子なら尚更だと思います。

当サイトで販売している論文の代金は高いか?

確かに、当サイトでは、2万字もの論文(卒論の標準的な文字数)となると4万円はかかります。他の論文代行サービスよりは安いですが、正直に言って、「絶対額としては安い金額ではない」ことを当サイトでも認めざるを得ません。
しかし、卒論が書けずに留年したらもっとお金がかかります。就職ができなかったら、更に損失は膨らみます。
この際、子供に対する「投資」だと思って、論文を買って子供に送ってみてはいかがでしょうか。百万円単位の留年費用よりは安いと思います。幸いにも、そのように考える親御さんは最近ではとても増えてきているので、恥ずかしいことではないと思います。
是非、購入を検討してみてくださいね。

どういう手順で子供に論文を提供するのか?

まず、自分の子供が何学部かを確認し、必要なら電話やメールで、今、どんな研究をしているのかを聞いてみましょう。
研究が順調そうでも、そうでなくとも、どれくらい忙しいのかも聞いた方が良いです。うまくいっていても、土壇場で提出できないというケースもよくあるからです。
もし、忙しそうで、自信もないというのであれば、論文の購入を検討してみてはいかがでしょうか。これに対して、研究は何もしていないというのであればそれはかなり問題です。卒論は、(人によりますが)ゼミで同級生などとの討議を経て、一年かけてじっくり作成するものです。時に教授に突き返されたり、必要であれば宿泊を伴うフィールドワークに出かけたりなどと、時間と手間がかかるものです。
研究ややってみたいテーマなどを聞いてみて、そのテーマにあった論文を買って、子供に渡してみましょう。
「これを提出しなさい!」などという高飛車な態度は子供を傷つけるだけです。あくまで、「これを参考にしてみてね。」という態度でさりげなく渡してみると良いかもしれません。当サイトの論文は編集も加工も自由です。子供に渡して、子供が自己流にアレンジして提出するなどといったケースはよくあることです。
よろしければご利用ください。

このコラムを読んでいる人は、こんなコラムも読んでいます。

  • 論文を丸ごと買うことは、悪いことなのか?
  • 今や、「会社員」も、論文を代行する時代
  • 「東大生」のレポートですら75%が「コピペ」という事実

  • 読書感想文一覧へ
    論文一覧へ